給与計算アウトソーシング・記帳アウトソーシングオフィス/中小企業・個人事業主様-給与計算代行・記帳代行 アウトソーシングサービスを提供。 お各様は、給与計算データを送るだけ! 給料振込も簡単! 納得価格で安心! 独自のアウトソーシングメニューでオフィスワークをトータルサポートいたします!

労働関係に関する記録の保存

労働関係に関する記録の保存

労働基準法-第109条

  1. 使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を、3年間保存しなければならない。

保存書類と保存期間の起算日

書 類記録保存期間の起算日
1.労働者名簿 労働者の死亡、退職又は解雇の日 
2.賃金台帳 最後の記入をした日 
3.雇入れ又は退職に関する書類 労働者の退職又は死亡の日 
4.災害補償に関する書類 災害補償が終わった日 
5.賃金その他労働関係に関する重要な書類  その完結日 
  • タイムカード、残業命令書、労働時間の記録に関する書類などは、「賃金その他労働関係に関する重要な書類」に該当し、その書類を3年間保存しなければなりません。

    -給与計算アウトソーシングは給与計算・記帳代行オフィスへ-

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional