給与計算アウトソーシング・記帳アウトソーシングオフィス/中小企業・個人事業主様-給与計算代行・記帳代行 アウトソーシングサービスを提供。 お各様は、給与計算データを送るだけ! 給料振込も簡単! 納得価格で安心! 独自のアウトソーシングメニューでオフィスワークをトータルサポートいたします!

減給の制裁の注意事項

減給の制裁の注意事項

労働基準法-第91条

就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。

  • 「減給の制裁」とは、職場規律に違反したり、対外的信用を失墜させるような行為をした労働者に対して、本来ならばその労働者が受けるべき賃金の中からペナルティーとして一定額を差し引くことをいいます。
    欠勤・遅刻・早退をした労働者に対して、その欠勤・遅刻・早退の時間に対応する賃金を控除することは「減給の制裁」には当たりません。
    しかし、それらの時間に対する賃金を超える減給は制裁とみなされます。
  • 「減給の制裁」
    • 減給1回の額が、平均賃金の1日分の半額を超えてはならない。
    • 減給の制裁総額が、1賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならない。

      -給与計算アウトソーシングは給与計算・記帳代行オフィスへ-

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional