給与計算アウトソーシング・記帳アウトソーシングオフィス/中小企業・個人事業主様-給与計算代行・記帳代行 アウトソーシングサービスを提供。 お各様は、給与計算データを送るだけ! 給料振込も簡単! 納得価格で安心! 独自のアウトソーシングメニューでオフィスワークをトータルサポートいたします!

給与と健康保険料

給与と健康保険料

健康保険の保険料について

健康保険の保険料には、一般保険料・介護保険料・調整保険料があります。

保険料は被保険者の収入に応じて決められます。

被保険者の給料等を、「標準報酬月額保険料額表」にあてはめた標準報酬月額をもとに保険料を算出します。

一般保険料率は各健康保険組合の実情に応じて30/1000から100/1000の範囲内で決めることができ、事業主と被保険者の負担割合も、上限の範囲内で事業主の負担割合を多くすることもできます。
通常は、事業主と被保険者が半分づつ負担します。

標準報酬月額を決める時期

  • 就職したとき(資格取得時決定)
    就職すると同時に健康保険に加入することになりますので、標準報酬月額は初任給等を基礎にして決めます。
  • 毎年7月1日現在で(定時決定)
    標準報酬は年1回、全被保険者について決め直すことになっています。毎年、4月、5月、6月の給料等をもとに7月1日現在で決め直され、その年の9月1日から翌年8月31日までの1年間使われます。
  • 昇給などで給料等が大幅に変わったとき(随時改定)
    ベースアップや昇給などで、毎月決まってもらう給料等が大幅に変わった場合(従前と比較して2等級以上の差)、臨時に標準報酬月額を決め直します。

-給与計算アウトソーシングは給与計算・記帳代行オフィスへ-

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional