給与計算アウトソーシング・記帳アウトソーシングオフィス/中小企業・個人事業主様-給与計算代行・記帳代行 アウトソーシングサービスを提供。 お各様は、給与計算データを送るだけ! 給料振込も簡単! 納得価格で安心! 独自のアウトソーシングメニューでオフィスワークをトータルサポートいたします!

時間外、休日及び深夜の割増賃金

時間外、休日及び深夜の割増賃金

労働基準法-第37条

  1. 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

  2. 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

  3. 使用者が、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

  4. 第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

割増率

  • 時間外労働=2割5分以上・・・法定労働時間を越えて労働させた場合、その越えた時間に対して
    • 平成22年4月1日から改正労働基準法が施行され、月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率が、現行の2割5分以上から5割以上に改正されました。
      ただし、中小企業は当分の間猶予されます。
  • 休日労働  =3割5分以上
  • 深夜労働  =2割5分以上
  • 時間外労働+深夜労働=5割以上
  • 休日労働+深夜労働  =6割以上

割増賃金計算の基礎に含めない賃金

家族手当、通勤手当、別居手当、住宅手当、臨時に支払われる賃金、1ヶ月を越える期間ごとに支払われるもの賃金など

-給与計算アウトソーシングは給与計算・記帳代行オフィスへ-

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional